Fabo Donkey Car

Fabo Donkey Car

Donkey Carは, ロボットカーのスタンダードになっているスターターキットだ。

一般販売されているラジコンカーと専用のシャーシ、Raspberry Piとスピードコントローラ、電源コンバーター、そして、Piカメラを搭載。これに、グーグルの機械学習ライブラリTensowFlowを搭載して自動走行させる。

自力でDonkey CarのコアとしてRaspberry Piを利用する場合、さまざまなPythonおよびTensorFlowライブラリをPiでネイティブに動作させるために大変な作業でした。

LinuxおよびPiの専門家によって3年間にわたって慎重に作成された、DonkeyCarに特化したRaspberry Piをディスクイメージを利用するとよい。

とくにGooole Colab に対応したFabo Donkey Carのディスクイメージがお薦めだ。Google Colaboraotoryと連携するために、DonkeyCar 2.5.8, TernsorFlow 2.0.0 Alpha0をインストール、プロジェクトの作成やWireless Joystick、マルチタブ化も実施したRaspberryPi用イメージになります。

Fabo Donkey Car製作手順

Fabo Donkey Car参考資料

Fabo Store

FaboDonkeyCarは、TensorFlowをベースに、 ディープラーニング(深層学習)用の教師データの作成、クラウドでの学習(Colaboratoryを使用)、学習済みモデルの推論での走行までをワンストップでサポートされるので、初心者には親切です。セットアップ方法や組み立てマニュアルのサイトもご用意しています。
ラジコンを走行させながら、ディープラーニング(深層学習)が学べる教材基本セットDonkeyCar KitをFabo Storeに購入する方が、ディープラーニングにより自動運転技術に集中できるので、お薦めします。